クワズイモ(サトイモ科)

kuwazu

環境

半日影または明るい室内。適温は10℃〜21℃で耐寒性あり。最低温度3℃まで耐えられる。

水やり

土の表面が乾いたらたっぷり与える。59月は時々葉にも水を与える。114月の低温期はやや乾かし気味にする。

肥料

59月は2カ月に1回、その他は34カ月に1回与える

備考

赤い実をつけたり花を咲かせるが観賞価値は低い。近年アジアンブームで人気急上昇!食用にならないのでこの名がついた。

 

ゲッキツ(ミカン科)

gekkitu

環境

 

半日影または明るい室内で多湿にするとよく育つ。適温は10℃〜21℃。

水やり

受皿などに水をため土がやや湿っている状態に保つ。

肥料

59月は2カ月に1回、その他は34カ月に1回与える。

備考

幹が枯れ木のようで樹皮がなく、葉が細かい。白色の小さな花を咲かせる。寒さに強いが高温を好む。

 

ケンチャヤシ(ヤシ科)

kencya yasi

環境

日影または室内。適温は5℃〜15℃。

水やり

土の表面が乾いたらたっぷり与える。59月は時々葉にも水を与える。114月の低温期はやや乾かし気味にする。

肥料

59月は2カ月に1回、その他は34カ月に1回与える

備考

ソングオブジャマイカが中斑(葉の中央に斑が入る)であるのに対し、外斑のソングオブインディアもある。大きくなると支柱なしでは直立しない。

 

ゴムノキ(クワ科)

gom

環境

 

半日影または明るい室内で多湿にするとよく育つ。適温は10℃〜21℃。

水やり

受皿などに水をため土がやや湿っている状態に保つ。

肥料

59月は2カ月に1回、その他は34カ月に1回与える。

備考

写真のフィカス“ロブスタ”は葉がやや小ぶりで詰まり立葉性なのが特徴。耐寒力もあるので実用性に富み人気。

 

 

ゴールドクレスト(ヒノキ科)

kurest

環境

半日影または明るい室内。適温は5℃〜15℃で耐寒性あり。

水やり

土の表面が乾いたらたっぷり与える。114月の低温期はやや乾かし気味にする。

肥料

59月は2カ月に1回、その他は34カ月に1回与える。

備考

耐寒性は5℃が限度で、高温になると葉の色があせてくる。やや耐陰性あり。最近ではモミの木の代わりにクリスマスツリーとして活躍している。

 

 

コンシナ(リュウゼツラン科)

konsinna

環境

半日影または明るい室内。適温は10℃〜21℃。高温多湿を好む。

水やり

土の表面が乾いたらたっぷり与える。59月は時々葉にも水を与える。114月の低温期はやや乾かし気味にする。

肥料

59月は2カ月に1回、その他は34カ月に1回与える

備考

光線不足や湿度不足は葉が垂れる。

 

 

サンセベリア(リュウゼツラン科)

sansu

環境

半日影または明るい室内。適温は16℃〜30℃。冬場の温度管理に気をつける。

水やり

乾燥気味に育てる。114月の低温期はほとんど水をやらなくても死なない。

肥料

春から秋にかけて液肥を少し。

備考

別名「トラノオ」のが一般的。マイナスイオン植物として一躍有名に!写真の“ローレンティー”が最も多く栽培されているが他にも様々な品種がある。

a_btn103 a_btn100

button01

◆室内環境…目に見えない恐怖【はじめての方はコチラ】

◆植物の5大メリット!

◆インドアグリーン・・・私たちの仕事

◆県内のプロたちをご紹介

◆「技能祭」コンテスト結果と出展作品集

◆街でよく見る観葉植物一覧

◆観葉植物占い

◆今年度役員紹介

◆リンク

a_btn099