街でよく見る観葉植物一覧

 

 

アグラオネマ・シルバーキング(サトイモ科)

aguraonema

環境

 

生育期は半日陰または日影。室内の明るい場所で適温は16℃〜30℃。

水やり

受皿などに水をため土がやや湿っている状態に保つ。

肥料

59月は2カ月に1回、その他は34カ月に1回与える

備考

アグラオネマは種類も多いが写真のシルバーキングは耐陰性と耐寒性に比較的強いので人気。

 

アレカヤシ (ヤシ科)

areka yasi

環境

半日影または明るい室内に置き、適温は16℃〜30℃。最低温度10℃は必要。

水やり

受皿などに水をため土がやや湿っている状態に保つ。

肥料

59月は2カ月に1回、その他は34カ月に1回液肥などを与える。

備考

生育が早く大きな物で高さ10m(鉢栽培では不可能)にもなる。

 

アンスリウム(サトイモ科)

ansrium

環境

 

生育期は半日陰または日影。室内の明るい場所で適温は10℃〜21℃。

水やり

受皿などに水をため土がやや湿っている状態に保つ。

肥料

59月は2カ月に1回、その他は34カ月に1回与える

備考

高温多湿を好むが鉢内の過度の多湿は好まない。

 

カポック(ウコギ科)

kapock

環境

明るい室内。適温は5℃〜15℃。0℃以下にも耐えれるので地域によっては庭植えも可能。

水やり

土の表面が乾いたらたっぷり与える。59月は時々葉にも水を与える。114月の低温期はやや乾かし気味にする。

肥料

59月は2カ月に1回、その他は34カ月に1回与える

備考

写真のホンコンカポックはカポックの中でも葉が肉厚で丸みがあるのが特徴。他に斑入り種など種類も様々で日本でも馴染みの深い観葉植物である。

 

カシワバゴム(クワ科)

kasiwabagom

環境

半日影または明るい室内。耐寒性はあるが適温は10℃〜21℃。多湿を好む。

水やり

土の表面が乾いたらたっぷり与える。59月は時々葉にも水を与える。114月の低温期はやや乾かし気味にする。

肥料

59月は2カ月に1回、その他は34カ月に1回与える

備考

カシワの葉に似ていることから名が由来。葉に比べて幹が細いので、直立させるには支柱が必要。

 

クロトン(トウダイグサ科)

kurotonJPG

環境

直射日光のあたる場所、室内であれば窓際。適温は16℃〜30℃。越冬には10℃は必要。

水やり

土の表面が乾いたらたっぷり与える。59月は時々葉にも水を与える。114月の低温期はやや乾かし気味にする。

肥料

59月は2カ月に1回、その他は34カ月に1回与える。

備考

写真は“サマープリンス”。葉の形・大きさ・色など多くの園芸品種が存在する。写真は小鉢だが大鉢もある。ほとんどの品種が暗い所では落葉してしまう。

a_btn100

button01

◆室内環境…目に見えない恐怖【はじめての方はコチラ】

◆植物の5大メリット!

◆インドアグリーン・・・私たちの仕事

◆県内のプロたちをご紹介

◆「技能祭」コンテスト結果と出展作品集

◆街でよく見る観葉植物一覧

◆観葉植物占い

◆今年度役員紹介

◆リンク

a_btn099